2018年4月26日木曜日

六甲でクライミング

先週は夏のような天気でした。六甲でクライミングしました。6月24日は六甲クライミング祭り「GRANITE challenge」を開催します!!初心者の方、歓迎ですので ぜひお越しください。
 太陽もギラギラ ↑
岩場も明るい雰囲気です ↑

2018年4月19日木曜日

六甲クライミング祭り「GRANITEchallenge」

六甲クライミング祭り「GRANITEchallenge」を開催します。日本プロガイド協会のガイドが六甲の岩場で「クライミング体験コース」と「バリエーションルート体験コース」をご案内します。ぜひお越しください。詳細はこちら

2018年4月14日土曜日

珊瑚の島

ここ数週間、強風が吹き荒れる週末が続いています。本州を離れ、南下してクライミング。

 気温28度  ↑
 アートフィルターを使ってみました ↑
 日差しも強い↑        アフタークライミングは35coffee↓

2018年4月12日木曜日

山と渓谷4月号

現在発売中の山と渓谷4月号は「大人のための登山学」が特集です。私は連載「めざせネクストステージ」を担当させていただきました。
表紙です ↑

大人の山岳部@オクトス長堀橋

昨日、大人の山岳部@オクトス長堀橋を開催させていただきました。「バックパックとブーツ」をテーマに選び方のポイントとサイズ合わせやフィッティングについて実際の製品を見ながら説明させていただきました。同じ内容の講習会を18日にも開催します。興味がある方はぜひお越しください。
店内の風景です ↑

2018年3月12日月曜日

再び冬へ・・八ヶ岳

先週末、再び冬のような降雪があり、黒々としていた八ヶ岳の山肌が冬に逆戻りしました。
赤岳も雪化粧 ↑

2018年3月8日木曜日

大人の山岳部@オクトス長堀橋

昨日はオクトス長堀橋店にてナヴィゲーションツールの講義を担当させていただきました。
多くの方にお越しいただきました。お越しくださった皆さま、ありがとうございます。

2018年3月6日火曜日

八ヶ岳 横岳西面

昨日は雨の月曜でした。週末は良い天気に恵まれました。4月かと思うくらいの陽気の中、八ヶ岳 横岳西面のルートを登りました。
 雪が少ないです ↑
 上から見るとこの岩塔、薄いです ↑

山と渓谷3月号

現在発売中の「山と渓谷」3月号の特集「もう悩まない膝痛と歩き方」です。私は連載「めざせネクストステージ」を担当させていただいてます。
表紙です ↑

2018年2月25日日曜日

登山者のための法律入門

東京新聞書評欄に「登山者のための法律入門」(ヤマケイ新書 溝手康史著)の書評を書かせていただきました。全ての登山者に読んでもらいたいと思います。書評はこちら
 手に取りやすい新書サイズ ↑

花崗岩ハイボルダー

雨が降り出す前に花崗岩のハイボルダーを登りました。
 ハンドジャム〜ちょっと広め↑
 こちらはホールドが見当たらないアレート↑

2018年2月24日土曜日

大山北壁を登りました

朝は爆風でしたが、午後から急速に風が弱まる予想通り、昼過ぎには稜線もほぼ無風になってくれました。視界は朝は悪く、昼前に少し良くなって、午後また濃い霧に包まれました。
 今回もサミテック ↑
 別山バットレスを横から ↑
 ルート後半は傾斜が出てきて、氷化した箇所もあります ↑

2018年2月22日木曜日

SUUNTO Traverse

今日はSUUNTOTraverseで行動記録をとりました。ムービーを見ると壁を登ってるというのがよくわかります。
ムービーはこちら
 SUUNTO Traverse↑

2018年2月21日水曜日

大山北壁

なぜか雪が少ない大山(伯耆富士)。それでも北壁の中間部より上は例年並みの積雪です。今日も視界が悪く、景色は何も見えませんでした。
 一瞬 薄日が差してきましたが、一瞬でした ↑
 その一瞬で撮影しました ↑

花崗岩と凝灰岩

週末は花崗岩エリアと凝灰岩エリアでクライミングでした。
 花崗岩のアレート ↑
 凝灰岩のスラブ ↑

2018年2月15日木曜日

三連休はいろいろと

三連休はロッククライミング、アイスクライミングといろいろ楽しみました。

 暖かい岩場でクライミング↑
 冬らしい景色の中でアイスクライミング ↑
 赤岳も真っ白 ↑
この滝も登りました ↑
 5年振りの御神渡りが観測された諏訪湖 ↑

2018年2月10日土曜日

大人の山岳部クライミングコース

大人の山岳部クライミングコースを3月に開催します。このコースはクライミング初心者(初めての人)を対象とした机上講習×2、実技講習×2、合計4回の講習会です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1回目:「クライミング基礎知識」 @三宮センタープラザ3/17(土)18:00-20:00
2回目:「クライミング体験」@六甲の岩場  3/24(土)9:30-15:30
3回目:「確保理論と技術」 @三宮センタープラザ 3/24(土)18:00-20:00
4回目:「クライミング体験」@六甲の岩場  3/25(日)9:30-15:30
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳細はホームページにてご確認ください。
お申込み、お問い合わせは outside2006@mac.com まで
*写真はイメージです

2018年2月9日金曜日

インストア講習@オクトス長堀橋店

オクトス長堀橋店で毎月開催しているインストア講習会、今月のテーマは「ウインターキャンピング」です。昨日も多くの方にお越しいただきました。2月19日にも同じ内容で開催します。
都会の落ち着きを感じる店内はゆっくりと製品をご覧いただけます ↑

2018年2月5日月曜日

寂静

冬らしいモノトーンの空と北壁、風と舞い散る雪。冬の大山(伯耆富士)の静けさは厳しささえ感じます。
寂静・・

2018年2月3日土曜日

SUUNTO Spartan Sport WristHR Baro

時計はSUUNTO Spartan Sport WristHR Baroを使っています。時間を確認するという基本的な役割だけでなく、画面もカスタマイズできるので登山に必要な情報つまり、標高、気温、行動開始からの経過時間、速度、上昇速度などをひとめでチェックできるように設定しています。行動記録もとれるし、ルート維持や特定のポイントへのナビゲーションもできます。先週末に八ヶ岳赤岳西面のルートを登ったときの行動記録はこちら
SUUNTO純正のチャージャーとSpartan wristHR Baro↑

大山北壁

八ヶ岳から大山(伯耆富士)に移動し、大山北壁をガイド仲間と登りました。ここも雪は少なめです。地元の方からも「例年よりかなり少ない」と聞きました。ニュースでは連日大雪の話題が上がってますが、、、、。
 山に向かう・・・↑
 一緒に登った仲間 ↑
 視界は悪いです、いつものことですが、、↑
 雪壁を越えて・・ ↑

八ヶ岳 赤岳西面

先週末、一瞬寒気が緩んだタイミングで赤岳西面のルートを登りました。
 雪は少なめでした ↑
 順調に高度を稼ぎます↑

途中から見た阿弥陀岳 ↑

2018年1月21日日曜日

ロッククライミング

週末は3月上旬並みの日和で、暖かく、六甲で岩登りするにはちょうどよい気候でした。
 アプローチは汗ばむ陽気でした ↑
風も弱く、快適でした ↑

2018年1月19日金曜日

山と渓谷 2月号

現在発売中の山と渓谷2月号は「単独行レベルアップ術」が特集記事で紹介されています。「事態を重大化させずに対処」の項目を山岳ガイド佐藤勇介さんがわかりやすく説明されています。山岳ガイド舟生大吾さんの「厳冬期北アルプス縦走」インタビューなど読みごたえのある記事が満載です。私は連載「めざせネクストステージ」を担当させていただいてます。
こちらが表紙です ↑

PEAKS 2月号

現在発売中のPEAKS2月号は「山で遭難しないための緊急対応スキルAtoZ」が特集です。私は「今さら聞けない7つの常識」を担当させていただきました。長門敬明さんのインタビューも是非読んでください。
表紙はこちらです ↑

2018年1月15日月曜日

先週に続いて北海道

先週に続いて北海道です。
 寒さが厳しくなったので先週より凍ってます ↑
 こちらは別の滝です ↑
 今回は旭川ラーメン ↑

2018年1月10日水曜日

アイスアックス

アイスアックスのパーツ名称についての説明です。普遍的な名称のパーツもあれば、製造メーカーによって呼び方が異なるパーツもあります。簡単にまとめてみました。
A:ヘッド→ピック、アッズまたはハンマーで構成されたアックスの頭部
B:シャフト→アックスの柄
1:アッズ(Adze)→氷をカッティングするときに使う。木を荒く削る道具「手斧(ちょうな)」が由来。
2:ピック(Pick)→氷に突き刺す尖った部分。「ブレード(Blade)」と呼んでいるメーカーもある。ピック下部のギザギザ部分をブレードと呼ぶこともある。
3:トリガー(Trigger)→手を持ち替えるときや、人差し指をかけるときに使う。「ポンメル(=柄頭)」「トリグレスト」などメーカーによって呼び方が異なる。
4: ホーン(=角)→小指を引っ掛けるように使う。また氷との衝突から指を守る役割もある。「ファング(=触角)」「グリップレスト」などメーカーによって呼び方が異なる。
5:スパイク(Spike)→雪面に突き刺すシャフト下部にある尖った部分。

2018年1月8日月曜日

層雲峡day2

初日の気温が高く快適だったので、気分が緩んだのか、翌日は寒さが堪えました。
 二日目はここです ↑
 長いルートにも慣れてきました ↑
 ときおり強い風が吹いてました ↑
やはり上川ラーメン!! ↑